iPhoneで課金をする方法を画像付きで解説をしていきます!

一番楽に課金できるやり方やクレジットカード・キャリア決済・iTunesカード支払いの3つの課金の違いや方法のメリットデメリットも解説しておりますので

これからiPhoneでゲームに課金をするぞ!

という方は必ずチェックしてみてください!

iPhoneに課金をする方法とは?

iPhoneで課金をする方法は、具体的には3つの方法があります。

ひとつはコンビニ等で「iTunesカード」を購入する方法です。

こちらの方法は、未成年でも利用しやすいと利点があります。

もうひとつの方法が「キャリア決済」です。

こちらの方法は、携帯電話会社の請求と同時期に請求してもらう方法のことをいいます。

そして最後の方法が、「クレジット決済」です。

以下では、それぞれの方法の具体的な手順について詳しく解説していきます。

iTunesカードで課金をする手順

「iTunesカード」をはじめ、デジタルマネーとして使うことのできるカードは、色々な場所で購入できます。

電気屋、玩具屋、総合商業施設などでも購入することができますが、一番簡単なのはコンビニです。

全国チェーンのコンビニであれば、どこでも売っているので、まずはお近くのコンビニを探してください。

コンビニなどでiTunesカードを購入しよう

iTunesカードは、以下のような形をしたカードです。

日本では、右上の部分が「〇〇円」と書かれており、その金額分の価値があるカードです。

コンビニでは、大抵レジの近くか、コピー機の付近においてあります。

もし置いていない場合は、チケット発券機などを使って購入しましょう。

購入する金額は、自分で課金しようと思っている金額分です。

なお、カードの中には数字が書いていない、「バリアブルカード」というものも存在します。

バリアブルカードってなに?

バリアブルカードとは、値段が確定していないカードのことです。

ほとんどの場合、「1500~」などと表記されています。

1円単位で金額の調節が可能なので、自分の本当に必要な分だけ課金することが可能です。

バリアブルカードか、必要な金額分のiTunesカードを購入したら、次はApp Storeを起動しましょう。

App Storeを起動

App Storeは、ホーム画面にあります。

こちらのアイコンをタップしてください。

Today横のアイコンを選択

App Storeを開くと、その日のニュースなどが掲載されている「Today」という欄があります。

この横に人物の影マークがあるので、こちらをタップしてください。

すると、アカウント情報の入力画面に遷移します。

iTunesアカウントにログイン

もしApp Storeにアカウント情報を入力していない場合は、入力しましょう。

Apple IDを取得していない場合は取得してください。

iTunesカードのコードを入力

あとは購入してきたiTunesカードのコードを入力するだけです。

「ギフトカードまとはコードを使う」から、購入してきたカード背面の銀色の部分をコインなどで削り、そちらのコードを入力しましょう。

入力方法は、2通りがあります。

カメラで読み込む

「カメラで読み込む」をタップすると、自動的にカメラに移行します。

あとはカメラでコード部分を撮影してください。

自動的にコードを読み取り、入力してくれます。

コードを打ちこむ

カメラを使わず、そのままコードを入力する手段もあります。

カメラが壊れている場合や、削りすぎで文字が見えづらくなってしまったときには手で入力しましょう。

iTunesカードを使うメリット

他の決済手段に比べると、iTunesカードは購入する場所まで移動しなければなりません。

それに加えて、コードを入力する手間もあります。

そのデメリットを考えたうえでも、大きなメリットがあるのは事実です。

還元キャンペーンで安く入手できる

iTunesカードは、定期的に還元キャンペーンを行っています。

例えば、5000円分のiTunesカードを4500円で入手できたりするのです。

また、未成年でも手軽に課金できるという点もメリットといえるでしょう。

iTunesカードを使うデメリット

iTunesカードは、前述した通り移動の面倒くささがあります。

それに加えて、iTunesカードならではのデメリットも存在しているのです。

コードの上限が決まっている

iTunesカードでは、購入した金額までしか課金することができません。

もし課金した金額で必要なものが当たらなければ、もう一度コンビニなどに行かなければなりません。

その点は、ひとつのデメリットといえるでしょう。

キャリア決済で課金をする手順

キャリア決済とは、docomo、Softbank、auといった携帯電話の会社の請求にあわせて、まとめて支払ってもらうことです。

非常に手軽な反面、「お金を使った感じがない」という危険性もあわせもっています。

App Storeを起動

コード入力で課金するときと同様、App Storeを起動してください。

Today横のアイコンを選択

Todayの横にアイコンがあるので、こちらをタップしましょう。

デフォルトの設定では人影のようなアイコンになっています。

お支払情報を選択

 

自分の名前をタップすると、アカウント情報の画面に移行します。

ここから「お支払い情報を管理」をタップしてください。

キャリア決済を選択して情報を記入

「お支払い方法を追加」からキャリア決済の入力画面に移行します。

キャリア決済の入力画面では、「お支払い情報」から「キャリア決済」を選択し、電話番号を入力してください。

電話番号を入力すると、認証用のメッセージが来るので応対しましょう。

各種情報を問題なく入力できれば、あとは自動的にキャリア決済による課金ができます。

キャリア決済を使うメリット

キャリア決済は、その場で課金できるため、移動の煩わしさがありません。

キャリア決済を利用するメリットは、そうした手軽さに集約されるでしょう。

支払が一括でできる

携帯電話会社による請求で一本化できるため、一ヵ月に何度も引き落とされるということがありません。

そのため、預金の管理も楽になりますし、家計簿をつけるのも楽になります。

支払いが一括で出来るという点は、特に家計を管理している人にとってはかなり嬉しいところでしょう。

キャリア決済を使うデメリット

キャリア決済は、未成年の場合は両親の許可が必要というデメリットがあります。

また、お金を使った感じが薄い、という点もデメリットのひとつでしょう。

限度額が決まっている

キャリア決済は、月額の利用額が決まっています。

どのキャリアがどの程度の利用額になっているのかは異なるので、自分のキャリアを確認しましょう。

特に月に数十万円単位で課金をしたいという場合は、キャリア決済はデメリットになってしまいます。

クレジットカード決済で課金をする手順

 

クレジットカードは、一定の収入がなければ持てない反面、非常に便利な支払いアイテムになっています。

手間がなく、柔軟に支払いをすることができ、しかも限度額もかなり高めなのが特徴です。

App Storeを起動

他の支払い方法と同様、App storeを起動してください。

大抵はホーム画面にあります。

Today横のアイコンを選択

Today画面の横にアイコンがあるので、こちらをタップしましょう。

初期設定では性別にあわせた人影のような形になっています。

Apple IDを設定してあれば、画面上に自分の名前が表示されているので、こちらをタップしましょう。

その後「お支払い方法を管理」に移動してください。

お支払情報を選択

こちらの画面から、「お支払い方法を追加」をタップしましょう。

すると、支払い方法を選択する画面に移動するので、そこで支払い情報を入力してください。

クレジット/デビットカードを選択して情報を記入

タブを移動させて、「クレジットカード/デビットカード」を選択しましょう。

その後、自分が持っているクレジットカードの番号と利用期限、名前などを入力してください。

情報が正しく入力できていれば、すぐにクレジットカード課金を利用することができます。

クレジットカードを使うメリット

クレジットカードは、先述した通り、手間のかからなさが一番の魅力です。

一方で、非常に高額なお金を簡単に使うことができてしまうため、その点はひとつのデメリットといえるでしょう。

効率良く手間がかからない

クレジットカードは、家にいながら数十万単位のお金を使うことができます。

しかも、支払いはその場ではなく次の支払日でいいので、とても楽です。

クレジットカードを使うデメリット

クレジットカードは大変便利な反面、ストッパーが一切ないというデメリットがあります。

課金のしすぎに注意

クレジットカードを使って数百万円の借金を背負い、破産してしまった、という方も少なくありません。

たかがゲームで、と思う方もいるかもしれませんが、「ハマって」しまうと、なりふり構わず課金してしまうものです。

そのため、限度額がなく、頭を冷やす暇もないクレジットカード課金は、ひとつのデメリットを抱えているといえるでしょう。

3つの課金方法の違い

それぞれの課金方法は、手軽さ、未成年が可能かどうか、限度額の有無で差別化することができます。

カード課金は、手軽さはありませんが、未成年でも可能で、限度額はありません。

キャリア決済は、お手軽で、未成年は許可が必要、限度額が低めです。

クレジットカード課金は、お手軽で、未成年は不可能、限度額はかなり高めという特徴があります。

おすすめの課金方法を自分なりに選ぼう

 

課金方法には、前述した通りそれぞれ特徴とメリット、デメリットがあります。

自分がどの程度の頻度で課金したいのか、また、未成年なのかどうかなど、自分の状況をよく考えて課金方法を選びましょう。

課金する対象によっては、一度課金をすると雪だるま式に課金額が膨れ上がってくることもありうるので、課金の対象についてもうまく考えてください。

加えて、課金をするときは「本当に必要なのか」ということをじっくりと考える時間を作ると、余計な課金をせずに済みます。

まとめ

iPhoneの課金方法はとても簡単です。

特にiPhoneの持ち主が自分の場合は、携帯電話の操作だけで課金できてしまいます。

そのため、もし課金をする場合は、そのお手軽さに盲目にならないよう、気を付けましょう。

お得に課金をするマル秘裏ワザ

POMを使うおすすめの理由!

課金アイテムを無料で入手できる裏技