長生劫は課金が必要なのか、それとも無課金でも楽しむことができるのか、ということについてまとめています。加えて、長生劫において課金ができないときの対処法についてもまとめています。


長生劫のダイヤについて

長生劫ではダイヤでアイテムを購入したり、あるいは仲間を雇ったりすることができます。

特に仲間を雇う行動は強力で、一人より二人、二人より三人のほうが、より安定して生き残ることができるでしょう。


長生劫で課金はするべき?

基本的には必要なし

長生劫では、基本的にゆっくり遊ぶつもりであれば課金は必要ありません。

というのも、長生劫は課金による優位性がそれほど高くないからです。

課金で仲間をすぐさま雇うことができるようになりますが、仲間に関しても時間さえかければ雇うことができるようになります。

また、アイテムに関しても拠点にやってくる商人との取引でほとんどを入手することが可能です。

よって、時間をかけてじっくり準備と攻略をするのであれば、課金は必要ないといえるでしょう。

仲間プレイを楽しみたいのであれば課金

長生劫における課金アイテムの「ダイヤ」の主な用途は基本的に何らかのアイテム購入です。

中でも重要なのは仲間の雇用で、これは基本的に課金しなければ確実に入手することはできません。

よって、確実に素早く仲間プレイを楽しみたいのであれば、課金が必要だといえるでしょう。


ダイヤの使い道

アイテム購入

長生劫では、ダイヤでアイテムを購入することも可能です。

購入できるアイテムの中には大幅にゲームを有利にすることができるものも存在しているので、うまくアイテムを購入するようにしましょう。



ダイヤを入手する方法

長生劫においては、基本的にダイヤはゲーム中で入手することはできません。

というのも、ダイヤは基本的には「課金通貨」だからです。

ゲーム中ではゲーム内通貨を使うことによってブツブツ交換という形でゲーム内アイテムを入手することができますが、ダイヤはあらゆるものと交換することのできる、「ジョーカー」のような立ち位置といえるでしょう。

よって、ダイヤを入手するためには基本的に課金をするしかありません。

ダイヤが欲しい場合は下記の方法で課金を行いましょう。

ショップ経由で購入

長生劫では、当然課金(お金)することでダイヤを購入することもできます。

ダイヤは基本的に課金以外で入手することはできません。

よって、ダイヤを使って有利になりたい場合は、課金してダイヤを入手するようにしましょう。


ダイヤの値段について


長生劫のダイヤは、一度にたくさん購入するほど一個あたりの値段が安くなります。

たくさん購入するのであればはじめからたくさん購入しておきましょう。

個数 購入金額 ダイヤの単価
50個 120円 2.4円
300個 720円 2.4円
720個 1600円 2.2円
1500個 3000円 2円

購入できない時はどうするの?

再起動して確認してみる

もしダイヤを購入した時にきちんと反映されていない時は一度アプリを中断し、再起動して確認しましょう。

ただの表示エラーや通信状態が悪い可能性があります。


購入履歴を確認する

再起動しても購入したダイヤが反映されていない場合は購入履歴を確認してみましょう

自分が利用するストアの購入履歴を確認してください。


運営に問い合わせする

履歴を確認したうえで、課金履歴があるのにも関わらずゲーム内に反映されていない場合は、課金した証拠を備えたうえで運営に報告しましょう。

具体的には、

・ユーザーID
・購入履歴のスクリーンショット
・購入した日時

これら3つをメールに添付し問い合わたいところです。


ダイヤを無課金で購入する裏技!

長生劫は欲しいキャラがいないのであればわざわざ課金する必要はありませんが、特定のキャラを入手しようとすると課金が必要になってきます。

そんなときはポイントサイトをうまく活用することで無課金でもダイヤを購入してストレスなくゲームを進めることができます!

1.ポイントサイトに無料で登録する
2.広告を見てポイントを貯める
3.貯めたポイントでダイヤ購入

のたった3ステップで簡単、そして無料で長生劫のショップで課金アイテムのダイヤを無課金でも入手することができるのでお金をかけたくないという人には超おすすめです!


まとめ

長生劫では、基本的には課金は必要ありません。

たくさん課金をする必要があるのは、どうしても素早くゲームを進めたいときくらいでしょう。

特に最初から複数人プレイを楽しみたい場合は、課金が必須になってきます。

ゲーム性的にはトライ&エラーが重要視されているので、時間さえかけるのなら基本的には課金は必要ありません。

一方、このゲームにあまり時間をかけたくない場合は、課金が必要になってくる点は否めないでしょう。